高配当とディフェンシブ

成熟した優良・高配当銘柄に投資し、配当は再投資をするというシーゲル流投資法。投資する銘柄数が増えるとETFのパフォーマンスに近くなってくるので、投資先を最初からETF1本に絞り経済サイクルに基づく投資タイミングのコントロール、資金管理のコントロールに注力した方が良い。個別株へ投資する際にはETFとのパフォーマンス比較をすることも重要。 配当 コスト 特徴(リンク先:bloomberg) 5年(株価...